炭のおこし方

中里での暮らしは、お客様に炭をおこしてもらうことから始まります。
炭は人に優しい天然素材です。スローライフの第一歩として市販の着火材を使わずに、杉の葉と七輪で炭をおこしていただきます。

杉の葉と小枝を集める

天然の着火材として杉の葉と小枝を使います。中里には母屋の裏に杉林がありますので、そこから枯れて茶色に変色した杉の葉と周りに落ちている小枝を集めてきます。

杉の葉はすぐに燃え尽きてしまうため、なるべく多めに準備することをお勧めします。

杉の葉と小枝を集める。

七輪を使い炭をおこす

七輪の中に杉の葉を入れ、その上に小枝を重ねます。最後に程よく砕いた炭を5〜6個入れます。

次に、火力調整口から杉の葉に点火し、杉の葉が燃え始めたら調整口に向かい、うちわで水平に小刻みに扇ぎます。

炭に火が着いたら、いろりに移します。


  • ホームへ
  • このページの先頭へ
古民家の宿 中里
〒963-3523 福島県田村郡小野町小野山神畑田168